2001年04月04日

AP芝2位

第2位

グランべレット(80−3.25)
66pt 2−1−1−5 塩0 イレ0

後半の勝利で一気に最後にわからなくした活躍っぷり!
その印は、まさに異父9に欲しい1頭の代表格。
APのパラから理想どおりにサブを乗せた同馬だが、
種牡馬別BC代表権を得ることなく敗退へ。
こういう産駒が出る、と思うとまたAPがやりたくなりますね。
やるときは82切りくらいしないといけない時代なのがotz
posted by Larcry at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。